Fauna+DeSIGN 一級建築士事務所ファウナ・プラス・デザイン
 menu
menu
 カテゴリ一覧
 最新ブログエントリ

日本での犬の室内飼いを考える(その4・結び)
fpd
家庭動物の行動に関して考えていくと、私の場合、B.F.スキナー博士の行動分析に帰ってしまいます。
いろいろと説明が面倒なので、犬や猫に関する話をするときには「動物行動学」と言ってしまうことが多いのですが、たぶん今まで私が「住まい」を通して研究してきたことは、エソロジーとは少し異なるものだと思います。

さて、犬のしつけの世界には「陽性強化法」とよぶものがあります。
<ほめるしつけ=陽性強化法=あたらしい正しいしつけ>と認識されているようです。
それは、行動分析学の伝統的な日本語訳だと「正の強化」の事でしょう。

B.F.スキナー博士は、罰の副作用と「正の強化」による理想的な世界のありかたを多くの著作で述べています。詳しく知りたい方は、現在でも入手しやすいスキナー博士の著書「科学と人間行動」や最近あたらしく翻訳された「自由と尊厳を超えて」訳:山形浩生を読むとよいでしょう。

飼い主が自身の行動の随伴性に自覚的であれば、問題行動やしつけの話は、ずいぶんスッキリします。
ですから、この続きは拙著「ペットと暮らす住まいのデザイン」(2013.10.30発行) の第4章をお読みください。
B.F.スキナー博士が創った「行動分析」を用いて、犬と飼い主と住まいについてまとめました。
たぶん、世の中にばらばらに存在していた話を、「住まい」を舞台にうまく1箇所に集められたと思います。

2013.11.18追記
おかげさまで、「ペットと暮らす住まいのデザイン」 著:廣瀬慶二(丸善出版)は出版以来、建築書のベストセラーとなり、供給が間に合わず、今は入手困難となっていますが、常に重版が予定されておりますのでご安心ください。
HOME HOME